北川和美BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 【北朝鮮と中国で拘束されたスパイ】

<<   作成日時 : 2018/08/19 02:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

北朝鮮で拘束されている男性は、スパイ容疑でしょうか?

北朝鮮は、中国でスパイ容疑で逮捕された人達の様に犯罪者には法の裁きを受けさせるべきです。
思想毒素を持ったスパイは、根絶やしにしなければならないと思います。

北朝鮮で拘束された男性について、日本は「安否確認を」だの「解放に向けた交渉を」とか言っていますが、
そのセリフは、まるでテロ組織にでも拘束されたかの様ですね。又、拘束が人権侵害だと思っている様ですね。彼が犯した罪の事も考えず、解放させる事しか考えていない様です。

日本の皇族でも、たとえ眞子様の恋人(小室圭氏)であっても小室親子に厳しく対応しています。(秋篠宮家に借金の400万円を出してほしいという意味の内容の事を言った件。)

「Daily N.Korea」とかいう記事でも、「金正恩委員長が解放してくれるだろう」みたいなシナリオ的記事を書いていますが、あの様な記事は、北朝鮮に(金正恩委員長に)その様な対応をしてもらおうと、そそのかす罪の意識のない内容です。
それは、北朝鮮を(金正恩委員長を)心理操作しようとする書き方です。
「北朝鮮の粛清や処罰は、人権侵害だ」という間違った考えをもとにして、「金正恩委員長は、イメージダウンにつながるので、粛清や処罰はしないで解放させるだろう」と記事を書いています。
その記事も、罪の意識のない解放だけを考えている、又、「北朝鮮の法的に許された粛清や処罰を人権侵害だ」という考えを持った人が書いた記事です。

私は以前、中国で拘束された人達について中国外交部へ手紙を送った事があります。
「何の罪もない人を中国は拘束している」とか「中国なんかに旅行に行くと中国公安に拉致される」等のウワサが日本で流れたからです。
手紙には、「彼等が本当にスパイなら、逮捕・実刑を受けさせるべきだと思います。」と書きました。
又、スパイをやる人は「部落系日本人」等が多いという事も書きました。
又、私の様な「純血日本人」の場合は、スパイには無縁だと。
実際、2000年頃(金正日総書記の時代。)〜北朝鮮と交流を始めて今日迄、私はスパイは一切していません。

中国や北朝鮮の粛清や処罰は、人権侵害ではありません。
犯罪者の為の、法のもとで行われる処罰です。
だから、粛清や処罰に関して人権侵害だと言って、金正恩委員長を問題にする事は間違っています。
粛清は、北朝鮮だけでなく他の国でもありますよね。
北朝鮮も(金正恩委員長も)同じ事を言うと思います。
中国や北朝鮮は、そこの所をハッキリさせる為に、犯罪者を起訴し実刑を受けさせなければいけないと思います。

【ネナラ】http://naenara.com.kp/



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【北朝鮮と中国で拘束されたスパイ】 北川和美BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる